怪我の治療中に10kg以上太ってしまった結果

これは、訪問者の45歳男性から寄せられた体験談です。

(ここから)
私は去年メタボ体型を糖質制限ダイエットで解消しました。
20代の頃にも一度ダイエットしたことがあり、
気を抜くとすぐ太ってしまうので注意はしてたんです。

しかし2年前に怪我をし、3ヶ月寝たきりと3ヶ月リハビリ、
計半年自宅で療養してるうちに体重12kgほど太ってました。

怪我前の体重68kg、怪我半年後の体重80kg+@っていう状態です。
私の身長は178cmなので、怪我前の68kgが理想なんですよね。

半年でお腹周りにタップリの肉がつきましたし、
これ以上太ると後戻り出来なくなると気合を入れてダイエットを穴しました。

ダイエット方法は白飯と粉物を控える糖質制限ダイエットです。
白飯のような炭水化物って体内に入ると糖分に変化し、
この糖分を溜め込んだ脂肪細胞が肥大し太ってしまうんですよね。

ですので、糖分をカットして脂肪細胞に溜まった糖分を吐き出させて瘠せようと考えました。まず朝は自家製無糖ヨーグルトか無調整豆乳で済ませるようにしました。

市販のヨーグルトって甘酸っぱくて美味しいのと、
味のしない無糖タイプの二種類ありますよね。

美味しい方は糖分タップリなので却下、
無糖の方は自分で簡単に作れるので経済面も考えて自作しました。

無調整豆乳も同様で、豆乳は他に調整豆乳と豆乳飲料もあります。
でもこの二種は美味しく飲んでもらう為にかなり加工してあって糖分も入ってます。

ですのであまり美味しくはないですが、無調整豆乳を飲みました。
ヨーグルト・豆乳、どちらも高い腸内環境改善効果を持ちますし、
ダイエットで便秘気味な私にはピッタリでした。

昼は食べません。
どうしても何か摂らなくてはいけない場合は200mlの牛乳パックを購入して飲みました。

一番の問題は夜です。
私は夜にドカっと食べる派だったので、夕食をいかに工夫するかが勝負のカギでした。
よく食べたのは湯豆腐です。

一人用の小さいお鍋に豆腐半丁を賽の目に切って入れ、
煮込みの早い白菜の葉っぱ部分・レタス・エノキダケを具材にしました。

白菜の葉の部分だとすぐ柔らかくなりますし、レタスは10秒ぐらいで十分です。
エノキダケは30秒程度です。
少しゆでる時間が短いって思う方もいるでしょうが、実はこれが正解なんです。

というのもエノキダケや野菜類って加熱するとどんどん栄養素が壊れていきます。
しかも水溶性の栄養素も多いので、
長い時間煮込めば煮込むほど出汁に溶け込んでいくんです。

例えば栄養満点で有名なホウレン草、5分も煮込めば
栄養は2割程度しか残らないんです。
二割減るんじゃなくて二割になる、つまり8割抜けちゃうんですよね。

私のような食べ方だと、調理時間はあまりかかりません。
しかしアツアツの料理なので食べる時間は長くかかり、満腹中枢を刺激させれます。
栄養素も多く摂り込めます。
もちろん具材は日によって追加されますし、大体一日10品目は摂るようにしてました。

こんな感じで完全に糖質をカット(食事量は制限してません)した結果

最初の一ヶ月で4kg、2~6ヶ月は2kgずつダイエットし14kgのダイエットに成功しました。
一時期は体重は66.7kgまで落ちたんですが、
食べだすとすぐ68.9kgになって怪我以前の体重をずっとキープしてる状態です。

白米をやめただけでマイナス7キロ!?

私の父は55歳で、若い頃はとても痩せていてどんだけ食べも太らないが自慢でした。
でもその自慢は、年齢とともにどんどんできなくなっていったのです。

昔の父親のイメージはすらーっと細長いフォルムでしたが、
50歳をこえてからお腹はぽっこり、あれれ?という感じでした。

そんな時に母が糖質制限ダイエットをしていたので、
父親も便乗して糖質制限ダイエットにチャレンジ!

今まではお米をたくさん食べていたのですが、
朝昼晩と元々食べていた量の半分に抑え、食べるときは野菜から。
野菜、味噌汁などを飲んでから最後にお米を食べるようにしたようです。

また、タンパク質が豊富なささみや鳥の胸肉はいくらでも食べてもOKにしたそうです。
もちろん限度はありますが!笑

最初はなんだか物足りないので、お茶などを飲んで誤魔化していたそうですが、
どんどん慣れていったのでストレスフリーだ。と話していました。

一ヶ月後、父親は体重を計るとまさかのマイナス5キロ!母親はマイナス3キロでした。
糖質制限ダイエットはバッチリ大成功だったみたいです。

その後、父親は2キロ痩せて、トータルでマイナス7キロ痩せたそうです。
お腹もしっかりとへっこんでいて元の素敵な父親に元通りになりました。
白米を抑えるだけですが、体もすっきりして調子がよくなったそうです。

とはいえ。。。
父も人の子。やはり隠れて。。。みたいなことを白状しました
そこでオススメしたのがサプリメントの併用です。
こちらのサラシア100というホームページを参考にはじめてみました!

あなたもいかがですか?

ヨーグルトを使ったヘルシーなレシピ

糖質制限ダイエットをしている時だけではなく、
どんな時にでも頂けるヘルシーなヨーグルトレシピを紹介したいと思います。

まず、ヨーグルトと八朔だけの超簡単フルーツサラダです。
八朔の皮をむき、実の部分だけにして、ヨーグルトと和えて頂くだけ。
お砂糖も何も入れません。

八朔の酸味や苦みがヨーグルトと混ぜるとまろやかになり、本当に美味しいです。
カロリーも低いので、お腹がすいている時にいくら食べても大丈夫です。

ただ、急いで食べると、体が冷えるのか、私の場合お腹が痛くなることがあるので、
ゆっくり食べるようにしています。

お酒のあてにするのもお薦めできません。
もう一つは、ヨーグルトと缶詰のコーン、セロリのサラダです。
こちらも超簡単。

コーンの水を切り、セロリは小口切りにして、塩を振りしんなりさせ、水分を絞ります。
それらをヨーグルトと和えて頂くだけ。

味が想像できないと思いますが、結構おいしいです。
コーンの甘みとセロリの塩味がアクセントになって、いくら食べても飽きません。

ドレッシングやマヨネーズなと、特に何もかけなくてもいいので、
とてもヘルシーだと思います。

こちらのサラダは、繊維がとても多いセロリやコーンが入っているので、
ゆっくり良く噛んで食べるようにしています。

美味しいので、ついついパクパク食べると、
次の日、胃が痛くなることがあるので気を付けています。

それと私は糖質カットサプリも併用しています
楽をしないと続きませんwww 糖質サプリメントは、
初めて糖質サプリメントを購入する人が見ておくホームページです

糖質制限ダイエットのためのお気に入りレシピ

今回参考にしたホームページがこちら。
糖尿病予防食事
糖尿病を予防する血糖値を上げない食べ方を学べるホームページです。

では具体的なレシピを教えますね
糖質制限ダイエットをしている時によく作るのが、大根のサラダです。
大根をひょうし切りにして、塩を振り、しんなりさせます。
水分を絞って、ツナを入れ、マヨネーズで和えます。

リッチに行きたいときはツナをホタテの缶詰にすると、お上品なサラダが出来ます。
どちらの場合も、好みでお醤油を入れると、あっさりします。

ゴボウサラダもいいですが、少し繊維が多すぎるのか、
腸に負担がかかる時があります。私の場合、少しお腹が重たくなったので、
沢山頂くのはやめています。

個人差があると思います。

鶏肉はささみが食べやすいですが、コスパがいいのは胸肉です。
平たく開いて、塩コショウをし、青じそを置き、梅肉を置いて巻きます。
フライパンにオリーブオイルを多めに入れて焼きます。

お腹がすいた時に食べると、食べごたえがあっていいです。
脂分の少ない牛もものワイン煮込みも気に入っています。
お鍋にもも肉を入れ、赤ワイン、セロリ、塩を入れて煮るだけです。

お肉がホロホロ崩れるまで煮ること。お肉は少しパサパサしているので、
チーズと一緒に頂くといいです。

おみそ汁の好きな方は、ナスや人参、玉ねぎ、
キャベツや油揚げを沢山入れてコトコト炊き、
ベジタブルスープを作って味噌を入れます。

私は最後にワカメを入れて、麹たっぷりの甘めの米味噌を入れて頂きます。

沢山食べたいときは、糖質だけを控えて、
野菜、たんぱく質を中心に食べたいだけ食べるといいです。
食欲は必ず落ち着きますよ。

糖質制限ダイエット成功

この所、ちょっと食べ過ぎで太ったので、今、糖質制限ダイエットをしています。
今までに何度も成功しているので、今回も大丈夫。

方法はとても簡単です。血糖値を急速に上げるものを制限するだけなので、
コメやジャガイモ、油と糖が一緒になっている食品、
砂糖が多く使われているお菓子などに注意をするだけです。

それらも、絶対食べたらだめなのではなくて、
食べ方に気を付ければ食べてもいいと思います。

例えば、私はケーキが食べたいと思ったら、野菜や、たんぱく質をきちんと食べてから、
食後にケーキを食べます。

繊維の多いものを食べてからなら、何を食べても大丈夫だと思います。
大切なのは、すきっ腹にケーキだとを食べないことです。

私は幸運にも野菜が大好きなので、
まず野菜サラダから食べます。サラダはお肉を入れてもいいし、
マヨネーズを使ってもいいし、なんでも好きなものを入れて、食べるようにしています。

特にいい野菜は、大根とキャベツ。塩でしんなりさせて、生で食べると、
腹持ちもいいし、飽きません。生人参のサラダも美味しいですよ。

笹がきゴボウを作るカッターで、塩と酢をかけるだけです。
トマトを混ぜたり、少しマヨネーズを付けて頂いても美味しいです。

たんぱく質は、卵、肉、チーズなんでも食べるとができます。
全くご飯を食べずにいると、頭がぼっとしてくるので、
食事の最後に必ず食べた方がいいです。

私が参考にした「糖質の多い食品」「糖尿病になりにくい食べ物」
「血糖値の低い食べ物」などを掲載しているホームページがあります

糖質の多い食品というホームページです
だいぶ役に立ちました!